? :lang擬似クラス - 擬似クラスと擬似要素 - スタイルシート入門

:lang擬似クラス

広告

:lang擬似クラスは要素の言語が指定した値に一致する場合に対象となります。使い方は次の通りです。

要素名:lang(言語コード) {
  プロパティ: 値;
}

※:lang擬似クラスはIE6及びIE7では未サポートです。

:lang擬似クラスは属性セレクタを使って次のように記述した場合と同じです。(属性セレクタについては「属性セレクタ」を参照して下さい)。

p:lang(en) {
  プロパティ: 値;
}

p[lang="en"] {
  プロパティ: 値;
}

※実際のサンプルは思っていた結果と違う結果になったので取りあえず保留しています。また更新します。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)