? ルート要素: <html> - 基本構造 | HTML5入門

ルート要素: <html>

広告

<html>タグはルート要素(最上位要素)を表します。

<html>
要素の形式
<html>contents</html>
DTD
Strict
Transitional
Frameset
XHTML 1.1
XHTML Basic
要素の種類
その他

HTML文書及びXHTML文書はDOCTYPE宣言を除いてhtml要素の中に全ての要素が含まれることになります。

<html>タグを使った要素の形式は以下の通りです。

<html>HTML文書</html>

html要素には子要素としてhead要素とbody要素(DTDがFramesetの場合はhead要素とframeset要素)を1つずつしか持つことができません。文書のヘッダに関するものはhead要素の中に、文書の本文に関するものはbody要素の中に含めて下さい。

html要素を使ったHTML文書は次のような構成となります。

<html>
  <head>
    <!-- ヘッダに関するもの -->
  </head>
  <body>
    <!-- 本文に関するもの -->
  </body>
</html>

属性

指定可能な属性は以下の通りです。

[属性] version

属性説明
version
(非推奨)
"-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"などHTMLバージョンを表す文字列

※ HTMLのみ使用可能

version属性はHTMLのバージョンを表す文字列を指定します。実際には次のように使用します。

<html version="-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">HTML文書</html>

現在ではDOCTYPE宣言を使ってDTDを指定しますのでversion属性は使用しません。

[属性] xmlns

属性説明
xmlns"http://www.w3.org/1999/xhtml"XML名前空間を表すURI

※ XHTMLのみ使用可能

xmlns属性はXHTMLを使用する場合には必須の属性でXMLのネームスペース(名前空間)が定義されたURIを指定します。指定する値は固定です。実際には次のように使用します。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">HTML文書</html>

lang属性/xml:lang属性

lang属性とxml:lang属性は汎用的な属性で要素で使われる言語を指定します。多くのタグで設定可能な属性ですが、主にhtml要素で設定が行われます。

lang属性及びxml:lang属性には言語コードと呼ばれる値を指定します。指定可能な値は例えば次のようなものがあります。

ja  日本語
en  英語
zh  中国語
fr  フランス語

HTMLを使った文書を作成している場合にはlang属性を使います。

<html lang="ja">HTML文書</html>

XHTMLを使った文書を作成している時はxml:lang属性を使います。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
 xml:lang="ja">HTML文書</html>

特にXHTML1.0を使っている場合はxml:lang属性とlang属性を両方指定できます。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
 lang="ja" xml:lang="ja">HTML文書</html>

言語コードと国コードは異なるので注意して下さい。

サンプル

では簡単なHTML/XHTML文書を作成して試してみます。

sample1-1.html

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8" />
<title>html要素</title>
</head>
<body>

<p>
html要素のテスト
</p>

</body>
</html>

表示結果は以下の通りです。

IE7

ルート要素: <html>

FireFox3

ルート要素: <html>

子要素として持つことができる要素一覧

<html>タグを使った要素が子要素として持つことができる要素は次の通りです。

ブロックレベル要素:

タグSTRTRAFRAX1.1XBa
address----------
blockquote----------
center----------
dir----------
div----------
dt----------
fieldset----------
form----------
h1(~h6)----------
hr----------
isindex----------
menu----------
noframes----------
ol----------
p----------
pre----------
table----------
ul----------

インライン要素:

タグSTRTRAFRAX1.1XBa
a----------
abbr----------
acronym----------
applet----------
b----------
basefont----------
bdo----------
big----------
br----------
button----------
cite----------
code----------
dfn----------
em----------
font----------
i----------
iframe----------
img----------
input----------
kbd----------
label----------
map----------
object----------
q----------
ruby----------
s----------
samp----------
select----------
small----------
span----------
strike----------
strong----------
sub----------
sup----------
textarea----------
tt----------
u----------
var----------
テキスト----------

その他の要素:

タグSTRTRAFRAX1.1XBa
area----------
base----------
body--
caption----------
col----------
colgroup----------
dd----------
del----------
dt----------
frame----------
frameset--------
head
html----------
ins----------
legend----------
li----------
link----------
meta----------
noscript----------
optgroup----------
option----------
param----------
rb----------
rbc----------
rp----------
rt----------
rtc----------
script----------
style----------
tbody----------
td----------
tfoot----------
th----------
thead----------
title----------
tr----------

(STR:Strict, TRA:Transitional, FRA:Frameset, X1.1:XHTML 1.1, XBA:XHTML Basic)

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)