特別な文字の記述(文字実体参照と数値文字参照)

広告

ホームページでテキストを表示する時にキーボードから直接入力できないような文字を入力したい場合や、HTMLやXHTMLで特別な意味を持つ文字を入力したい時に使用されるのが文字参照と呼ばれる方式です。

キーボードから直接入力できない文字とは例えば次のような文字です。

© ® ™ √ 

特別な意味を持つ文字とは例えば次のような文字です。

< > &

文書の中で「<」や「>」はタグを記述する時に使われる記号の為、そのまま「<」と書く代わりに「&lt;」と書くと実際に表示される時に「<」と表示されます。このようにあらかじめ決まっているキーワードを使い直接記述できない文字を代わりに表示する方法を文字実体参照といいます。

またもう一つの方法として文字に対して割り当てられている文字コードを使って文字を表す方法です。「<」の場合であれば「&#60;」と記述することで「<」が表示されます。このように文字コードを使って表示させる方法を数値文字参照といいます。

使用できる文字

数多くの文字が文字実体参照や数値文字参照として定義されています。ここではその一部をご紹介します。

HTMLで主に使われる文字は次の通りです。

<    &lt;     &#60;
>    &gt;     &#62;
&    &amp;    &#38;
"    &quot;   &#34;
     &nbsp;   &#160;  空白文字です

XHTMLの場合は上記に加えて単一引用符(')が使用できます。

'    &apos;   &#39;

また次のような特殊な文字も記述方法を知っていると便利です。

©    &copy;    &#169;   コピーライト
®    &reg;     &#174;   登録商標
«    &laquo;   &#171;
»    &raquo;   &#187;
°   &deg;     &#176;   度記号
±   &plusmn;  &#177;
™    &trade;   &#8482;  商標
∞   &infin;   &#8734;  無限大
∠   &ang;     &#8736;  角度
≠   &ne;      &#8800;
≤    &le;      &#8804;
≥    &ge;      &#8805;
∑   &sum;     &#8721;
√   &radic;   &#8730;
€    &euro;    &#8364;  ユーロ記号

他にも多くの文字がありますので「実体参照」などで検索してみてください。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)