リスト項目に他のリスト

広告

ul要素又はol要素を使ってリストを作成した時、リストの項目に他のリストを記述することが可能です。

例えばul要素の中の項目に他のul要素を使ったリストを記述するには次のようになります。

<ul>
<li>項目テキスト1</li>
<li>項目テキスト2
  <ul>
  <li>項目テキスト2_1</li>
  <li>項目テキスト2_2</li>
  </ul>
</li>
<li>項目テキスト3</li>
<li>項目テキスト4</li>
</ul>

このようにli要素のコンテンツとしてテキストや画像などと同じように他のul要素を記述します。

なおul要素の1つの項目として他のul要素を追加した場合、各項目の先頭に付くマークの種類が階層毎に変わります。具体的には後のサンプルをご覧下さい。

同じようにol要素の中の項目に他のol要素を使ったリストを記述することも可能です。

またul要素の中の項目にol要素使ったリストを記述することもできます。

<ul>
<li>項目テキスト1</li>
<li>項目テキスト2
  <ol>
  <li>項目テキスト2_1</li>
  <li>項目テキスト2_2</li>
  </ol>
</li>
<li>項目テキスト3</li>
<li>項目テキスト4</li>
</ul>

同じようにol要素の中の項目にul要素を使ったリストを記述することも可能です。また何階層にでもすることができます。

サンプル

では実際に試してみます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">

  <head>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8" />
    <title>リストサンプル</title>
  </head>
  <body>
    <h1>リストサンプル</h1>

    <p>
    カテゴリ一覧
    </p>

    <ul>
    <li>アクション</li>
    <li>ミステリー
        <ul>
        <li>邦画</li>
        <li>洋画
            <ul>
            <li>米国</li>
            <li>欧州</li>
            <li>アジア</li>
            </ul>
        </li>
        </ul>
    </li>
    <li>SF
        <ol>
        <li>2006年</li>
        <li>2007年</li>
        <li>2008年
            <ol>
            <li>上半期</li>
            <li>下半期</li>
            </ol>
        </li>
        </ol>
    </li>
    <li>ヒューマン</li>
    </ul>

  </body>
</html>

では作成したHTML文書をブラウザで表示させてみます。

p3-1

ul要素の中に他のul要素を追加した場合、項目の前に付くマークが階層毎に変わっているのが確認できます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)