? 種類毎の要素一覧 - 要素の種類 | HTML5入門

種類毎の要素一覧

広告

要素の種類毎の要素一覧を確認しておきます。

ブロックレベル要素

ブロックレベル要素に含まれる要素は次の通りです。

要素意味
addressWebページの連絡先
blockquote引用文
center中央に揃える(非推奨要素)
dirディレクトリー(非推奨要素)
div汎用ブロック
dt用語の定義
fieldsetフォームの部品のグループ化
formフォーム
h1(~h6)見出し
hr水平線
isindexフォームのテキストフィールド(非推奨要素)
menuメニュー(非推奨要素)
noframesフレーム非対応時に代わりに表示
ol番号付きのリスト
p段落
pre整形済みテキスト
tableテーブル
ul番号無しのリスト

非推奨要素についてはStrict DTDでは使用できません。できる限り使用しないようにします。

インライン要素

インライン要素に含まれる要素は次の通りです。

要素意味
aリンクの設定
abbr略語の表示
acronym略語の表示
appletアプレット(非推奨要素)
bボールドの設定
basefontフォントの基準サイズの設定(非推奨要素)
bdo文字の向きを設定
bigフォントサイズを大きくする
br改行
buttonボタン
cite参照元の表示
codeソースコードの表示
dfn用語の表示
em強調の設定
fontフォントの設定(非推奨要素)
iイタリックの設定
iframeインラインフレーム
img画像の表示
inputフォームの部品
kbd入力されたテキストの表示
label部品のラベル
mapイメージマップ
object汎用オブジェクト
q引用文
rubyルビの表示
s取り消し線(非推奨要素)
samp出力結果の表示
selectセレクトボックス
smallフォントサイズを小さくする
span汎用インライン
strike取り消し線(非推奨要素)
strong強い強調の設定
sub下付き文字の表示
sup上付き文字の表示
textareaテキストエリア
tt等幅フォントの設定
u下線(非推奨要素)
var変数の表示

非推奨要素となっていないものでもスタイルシートを使った方が望ましいものも含まれています。

その他の要素

その他の要素に含まれる要素は次の通りです。

要素意味
areaエリア(イメージマップ)
base基準URI(ヘッダ)
body本体
caption見出し(テーブル)
col複数の列を設定用にまとめる(テーブル)
colgroup列グループ(テーブル)
dd用語に対する解説(定義リスト)
del削除を表示(*)
dt用語の名前(定義リスト)
frameフレームの中身
framesetフレームの方法
headヘッダ
htmlルート
ins追加を表示(*)
legend部品グループのラベル(フィールドセット)
li項目(リスト)
link関連ファイル(ヘッダ)
metaメタ情報(ヘッダ)
noscriptスクリプト未対応時に表示する内容
optgroup選択肢をグループ化(セレクトボックス)
option選択肢(セレクトボックス)
paramパラメータ(オブジェクト)
rbルビの対象テキスト(ルビ)
rbcルビのグループ化(ルビ)
rpルビ未対応時の記号(ルビ)
rtルビのテキスト(ルビ)
rtcルビのグループ化(ルビ)
scriptスクリプトの記述(ヘッダ、本体)
styleスタイルシート(ヘッダ)
tbodyテーブル本体(テーブル)
tdセル(テーブル)
tfootテーブルフッタ(テーブル)
th見出し(テーブル)
theadテーブルヘッダ(テーブル)
titleタイトル(ヘッダ)
tr行(テーブル)

ins要素及びdel要素は使われ方によってブロックレベル要素にもインライン要素にもなる特殊な要素です。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)