IPアドレスとは

広告

インターネットでは多くのネットワークが相互に接続されており、色々なサービスを行うための数多くのサーバなどが動いています。例えばA企業のホームページを見ようと思った時はA企業のホームページが公開されているWebサーバへアクセスします。同じようにBさんに対してメールを送信しようとした時はBさんのメールを管理しているメールサーバに対してやり取りを行います。

     利用者  ------->  Webサーバ

このようにインターネット上では多くのサーバが動いていますが、どのサーバとやり取りを行いたいかを指定するために番号が割り振られています。割り当てられる番号はインターネット上ではユニークな番号となるため、番号さえ指定すればインターネット上のどこからでも必ずその番号が割り当てられたサーバへアクセスできます。この番号がIPアドレスと呼ばれるものです。

IPアドレスの形式は次のように0から255までの数値を4つ組み合わせドット(.)でつないだものとなっています。

0~255.0~255.0~255.0~255

例)
10.22.16.230
192.168.1.1

例えばWebサーバのIPアドレスが 172.16.5.10 だった場合には次のようになります。

     利用者  ------->  Webサーバ
                     172.16.5.10

また利用者にもIPアドレスが割り当てられています。利用者がホームページを見ようとどこかのサーバにアクセスした時に、Webサーバ側ではアクセスしに来た利用者のIPアドレスに対してデータを返します。

     利用者  ------->  Webサーバ
192.168.110.230      172.16.5.10
            <-------

利用者のIPアドレスは常に変わらない固定の場合もありますし、インターネットに接続するたびにプロバイダから使われていないIPアドレスが割り当てられることもあります。

このようにインターネット上にあるサーバなどと通信を行う場合には、そのサーバに割り当てられているIPアドレスを目印に通信します。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)