? 回り込みの解除(clear) - 表現方法プロパティ - スタイルシート入門

回り込みの解除

広告

前の頁にて回り込みの設定について見ていきましたが、回り込みは明示的に解除しない限りずっと有効になります。ここでは回り込みの解除の方法を見ておきましょう。clearプロパティを使って設定します。

clear : clear

プロパティは"clear"です。値は下記の中から1つを選択します。

clear : left;   /* float:leftの回り込み解除 */
clear : right;  /* float:rightの回り込み解除 */
clear : both;   /* 回り込み解除 */
clear : none;   /* 回り込みの解除をしない */

「clear:both」を指定した場合は「left」も「right」も回り込みを解除します。

このプロパティを設定する対象や位置に注意して下さい。

では実際に試してみます。

sample5-1.html

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" Content="text/html;charset=UTF-8">

<title>スタイルシートサンプル</title>

<link rel="stylesheet" href="./css/sample5-1.css" type="text/css">

</head>
<body>

<div class="float-sample-1">
<p>
1番目のボックス
</p>
</div>

<div class="float-sample-2">
<p>
2番目のボックス
</p>
</div>

<div class="float-sample-3">
<p>
3番目のボックス
</p>
</div>

<div class="float-sample-4">
<p>
4番目のボックス
</p>
</div>

</body>
</html>

sample5-1.css

@charset "Shift_Jis";

div.float-sample-1{
float:left;
width:200px;
height:150px;
background:#eeeeee;
}

div.float-sample-2{
width:100px;
height:90px;
background:#ffebcd;
}

div.float-sample-3{
clear:both;
width:100px;
height:90px;
background:#fffacd;
}

div.float-sample-4{
width:100px;
height:90px;
background:#98fb98;
}

実行結果は下記の通りです。

clear指定のサンプル

今回のサンプルでは1番目のボックスに「float:left」を指定しています。「clear」を指定しない場合は2番目と3番目のボックスは1番目の右側に回りこんで表示されるのですが、3番目のボックスで「clear:both」を設定しているため、3番目のボックスには回り込みは適用されず1番目のボックスの下に表示されています。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)