? ユニバーサルセレクタ - CSSの基本書式 - スタイルシート入門

ユニバーサルセレクタ

広告

全ての要素を対象とする場合に使用するのがユニバーサルセレクタです。

次のように記述します。

* {
  プロパティ: 値;
}

アスタリスク(*)だけを記述します。全ての要素が対象となります。

よく使われるのが、各要素にデフォルトで設定されているマージンとパディングを0に設定する場合です。次のように記述します。

* {
  margin: 0;
  padding: 0;
}

スタイルシートの先頭にこのような記述をすると、各要素にデフォルトで設定されているマージンとパディングを0に設定できます。

属性の指定と合わせて使用する

ユニバーサルセレクタは全ての要素が対象となりますが、class属性やid属性を指定することは可能です。

*.値 {
  プロパティ: 値;
}

*#値 {
  プロパティ: 値;
}

この場合、全ての要素の中でclass属性の値やid属性の値が一致するものが対象となります。なおこのような場合は「*」を省略して次のように記述できます。

.値 {
  プロパティ: 値;
}

#値 {
  プロパティ: 値;
}

※「クラスセレクタ」や「IDセレクタ」も参照して下さい。

サンプル

では簡単なサンプルで試してみます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">

  <head>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8" />
    <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
    <title>CSSの書式</title>
    <style type="text/css">
    * {
      color: #ff0000;
    }
    </style>
  </head>

  <body>

    <p>
    カテゴリ一覧
    </p>

    <ul>
    <li>アクション</li>
    <li>ミステリー</li>
    <li>SF</li>
    <li>ヒューマン</li>
    </ul>

  </body>
</html>

実際にブラウザで見てみると下記のようになります。

ユニバーサルセレクタ

ユニバーサルセレクタを使い、全ての要素の文字色を#ff0000に設定しています。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)